カードローンを軽くする方法 カードローンの一本化・一社化

即日お金を借りる方法

急な出費で、お金に困ったことありませんか?
私は、○○○の即日振込みで、すぐに借りることができました。

知っている人だけ得する詳細はこちら

カードローンの借り換え

カードローンの借り換えは、
新たにカードローンを組んで借入をします。

 

そして、今利用しているカードローンを
完済することを言います。

 

借り換え

 

借り換えで、借入件数を増やすことなく、
毎月の返済額を減らすことができます。

 

1社のみの借り換えはもちろん、
複数の借入を1つにまとめれば、

 

借入件数を減らせます。

 

そうすれば、毎月の返済額を
少なくすることも可能です。

 

借り換えるカードローンは、「おまとめローン」
とか「借り換えローン」と呼ばれます。

 

「おまとめローン」は、総量規制例外貸付になります。
例外的に年収の1/3以上の借入が可能です。

 

金融機関は、「おまとめローン」で借り換えを促し、
積極的に融資額の増大を狙っています。

 

 

 

おまとめローン(借り換えローン)とは

 

A社、B社の2社からそれぞれ50万円、
合計100万円を借りていたとします。

 

新たにC社の「おまとめローン」で
100万円の借入をして、

 

A社、B社を完済してC社だけにします。

 

おまとめローン

 

「おまとめローン」を利用すると、
カードローンを一本化することができます。

 

「おまとめローン」には、次のような特徴があります。

 

審査は厳しい

  借入希望額は、初回でも
  100万円以上なることがあります。

 

  それだけ、申込者の年収や
  返済状況がより厳しく見られます。

 

返済の負担を軽くできる

  今より低金利なカードローンに
  借り換える事で返済の負担を軽くできます。

 

利用限度額は金利によって変わる

  金利は、利用限度額に応じて変わります。
  利用限度額が多い程、金利は低くなります。

 

  金利は4%〜18%などかなり幅があります。

 

利用対象者

  複数のカードローンを組んでいる人。
  年収の1/3を超える借入をしている人。

 

参考:⇒カードローンの本審査で落ちない方法

 

カードローンの借り換えの流れ

 

カードローンの借り換えの流れは、
ローンカードが発行されるまで、

 

一般のカードローンと同じです。

 

金融機関のサイトにある申込みページに、
申込者の基本情報を入力します。

 

その後、その基本情報と個人信用情報機関から
取り寄せた情報を元に、

 

仮審査と本審査が行われます。

 

審査をする人

 

そして、審査を無事通過すると
電話かメールで、審査合格の連絡があります。

 

ローンカードは、2日〜1週間後に、
自宅に届けられます。

 

なお、銀行系カードローンでは、
極度貸付方式のほか、証書貸付もあります。

 

証書貸付は、一つの契約証書に基づいて、
金利や返済方法を決めて一度だけ融資するものです。

 

その場合、本審査可決後、
金銭消費貸借契約を結ぶ必要があります。

 

書類のやり取りが増えるので、
ローンカードの発行に時間がかかります。

 

参考:⇒カードローンの賢い借り方

 

おまとめローンのメリット

 

「おまとめローン」には、
次のようなメリットがあります。

 

毎月の返済金額と利息の負担が軽くなる

  低金利で一本化することで、
  利息の負担は軽くなります。

 

  利息が下がることで、
  毎月の返済額も軽くなります。

 

返済の手間が軽くなる

  1社だけに一本化することで、
  毎月の返済は1回ですみます。

 

  もし、返済が遅れる場合でも、
  1社に連絡をすればすみます。

 

返済計画が立てやすい

  毎月どのくらい返済していけば
  完済になるか返済計画が立てやすくなります。

 

  返済計画を立てる

 

総量規制の例外として認められる

  借り換えは顧客に一方的に有利な取引なので
  総量規制の例外として認められています。

 

  ですので、カードローンの借り換えで
  年収の1/3を超える借入が可能です。

 

ATM手数料がかからない場合もある

  借入や返済でATMを利用したとしても、
  ATM手数料がかからない所があります。

 

  そのようなATM が近くにあれば、
  ATM手数料を支払わなくて済みます。

 

借り換え専用ローンなら借金ぐせを治せる

  借金を返済しても、また借金をしてしまう。
  そんな借金ぐせがなかなか治らない人がいます。

 

  そんな人は、借り換え専用ローンを
  利用すれば借金ぐせを治せます。

 

 

おまとめローンのデメリット

 

「おまとめローン」には、
次のようなデメリットがあります。

 

審査に落ちることもある

  「おまとめローン」は借り換えが前提ですが、
  それでも審査があります。

 

  借入状況が良くない場合は、
  審査に落ちることもあります。

 

返済額が増えてしまう場合がある

  金利が低いからと言って借り換えをすると、
  逆に返済額が増える場合があります。

 

  返済期間が伸びれば、いくら金利が低くても、
  返済額が増えてしまう場合があります。

 

追加借入ができなこともある

  追加借入ができず、返済専用の
  カードローンになることがあります。

 

  消費者金融の場合、年収の1/3を超える
  借入をすると追加借入はできなくなります。

 

 

カードローンの借り換え審査に落ちる原因とは

 

カードローンの借り換え審査に落ちる人は、
必ずどこかに原因があります。

 

借り換え審査に落ちる原因としては
一般的に次のようなものが考えられます。

 

金融機関の申込み条件を満たしていない
短期間に数多くの申込みをしている(申込みブラック)
借入件数や借入金額が多すぎる
勤続年数が短い
年収が低すぎる又は安定していない
在籍確認が取れない
個人信用情報機関に事故情報が登録されている

 

借り換え審査に落ちた時は、
すぐに他の金融機関を申込むのではなく、

 

その原因を考えてみる事が大切です。

 

審査落ちの原因を考える

 

審査落ちの原因をクリアしなければ、
何度申込みをしても審査に落ちるだけです。

 

審査に何度も落ちれば、
さらに審査に通りづらくなります。

 

参考:⇒カードローン審査に通らない理由
   カードローンの同時申込
   勤続年数が重要な訳
   在籍確認なしで即日融資

 

 

カードローンの借り換え審査を通りやすくするには

 

カードローンの借り換え審査は厳しいので、
できれば次の対策をとっておくと良いでしょう。

 

借入残高と借入件数を減らす

  他社の借入金額が大きいほど
  審査は厳しくなります。

 

  借入件数も多いほど
  審査は厳しくなります。

 

  ですので、可能な限り
  借入残高と借入件数を減らします。

 

収入を安定させる

  安定的な収入は返済能力がある
  とみなされます。

 

  審査では有利になります。

 

  もし収入が安定していない場合は、
  他の仕事で収入を得るなどして安定させます。

 

滞納はしない

  もし今借りているカードローンで
  滞納があれば、審査通過は難しいです。

 

  滞納で督促状

 

  直近で滞納をした時は、返済実績を作ってから
  借り換えをした方が良いです。

 

勤続年数はできれば1年以上が望ましい

  勤続年数が長いほど、安定的な
  収入があるとみなされ審査で有利です。

 

  勤続年数は、最低でも
  1年以上あることが望ましいです。

 

使っていないカードローンは解約する

  カードローンは利用していなくても、
  利用限度額いっぱいに借入をしているものと

 

  審査ではみなされます。

 

  ですので、使っていない
  カードローンは解約した方が良いです。

 

  キャッシング機能付きの
  クレジットカードについても同様です。

 

おまとめローンで気を付ける事

 

最後に、「おまとめローン」を利用する際は、
次のような点に気を付ける必要があります。

 

借り換え先はとにかく低金利

  返済の負担を減らすためにも、借り換え先は、
  とにかく低金利の金融機関を選ぶことが大切です。

 

  低金利 

 

  借りているカードローンより
  高金利のカードローンは避けます。

 

月々の返済額が低く設定されている金融機関

  月々の返済額が低く設定されている
  金融機関は避けた方が良いです。

 

  返済額が低いほど、返済期間が長くなり、
  利息が増えてしまう事があるからです。

 

返済シミュレーションで比較検討する

  契約条件によっては、
  返済の負担が増える可能性もあります。

 

  金融機関の返済シミュレーションで、
  比較検討することをお勧めします。

 

保証人が必要な場合もある

  一般的に借入額が大きくなるため、
  保証人を求められる場合があります。

 

返済型のローンを利用した方が良い場合もある

  毎月返済型のローン(一般融資)に借り換えて、
  少しずつ返済した方が得な場合もあります。

 

  最近では、借入金の返済のために
  借りても審査に通るようになりました。

 

借入目的が借り換えである事を伝えておく

  申込み時に借入目的が借り換えであることを
  事前に知らせておきます。

 

  消費者金融の場合は、総量規制があるので
  借入目的を伝えておくことはとても重要です。

 

借りたお金は必ず返済にあてる

  「おまとめローン」で借りたお金は、
  今借りているカードローンの返済にあてます。

 

  そうしないと借金が増えて、
  返済の負担が増えます。

 

  「おまとめローン」は、
  返済することが目的のローンです。

 

  さらに借入額以上にお金を借りる事は
  基本的にできません。

 

カードローンの借り換えができる金融機関比較

 

カードローンの借り換えは、
借入額が大きいので、

 

金利の低い所を選んだ方が良いです。
まず最有力候補は、銀行です。

 

銀行

 

銀行以外では、信用金庫や
信用組合、労働金庫などでも

 

借り換え利用が可能です。

 

ブランド名 実質年率(%) 限度額
みずほ銀行カードローン 2.00〜14.00 800万円
三井住友カードローン 4.00〜14.50 800万円
住信SBIネット銀行 MR.カードローン 0.99〜14.79 1,200万円
イオン銀行カードローン 3.80〜13.80 800万円
楽天銀行スーパーローン 1.90〜14.50 800万円
ソニー銀行のカードローン 2.50〜13.80 800万円
じぶん銀行カードローン 1.70〜12.50 800万円
りそな銀行 りそなカードローン 1.70〜12.50 800万円
ちばぎんカードローン「クイックパワー<アドバンス>」 1.70〜14.80 800万円
北海道銀行のカードローン「ラピッド」 1.90〜14.95 800万円
横浜銀行カードローン 1.90〜14.60 1,000万円
東京スター銀行「スターワン乗り換えローン」 12.5 1,000万円
SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」 4.50〜17.80 800万円
アイフル「かりかえMAX」 3.00〜17.50 800万円
アコムのカードローン 3.00〜18.00 800万円

 

消費者金融でも借り換えは可能ですが、
銀行と比べて金利が高いので、

 

借り換えのメリットが薄れてしまいます。

 

しかし、消費者金融は審査能力があるので、
借り換えが難しい人でも、

 

相談に応じてくれて、
しっかりと審査してくれます。

 

参考:⇒銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違い

 

即日で借り換えるポイント

 

即日で借り換えられる所が見つかっても、
申込日に融資が受けられる保証はありません。

 

確実に、即日融資を受けるためには、
いくつかおさえておくポイントがあります。

 

営業時間を事前にチェックしておく

 

  最近では、24時間申込みを受付けてくれる
  金融機関が多いです。

 

  しかし、24時間いつでも申込みができても、
  審査や融資は営業時間内に行われます。

 

  即日融資が希望なら、営業時間や
  自動契約機の設置場所を事前にチェックします。

 

なるべくWEBから申込む

 

  即日融資ですぐに借り換えたいなら、
  WEBから申込みをすると良いです。

 

  WEBから申込みをすれば、
  スピーディーに対応してくれます。

 

  WEBから申込む

 

返済をスピーディーに完了する

 

  借り換え目的でお金を借りたら、
  そのお金ですぐに返済する事が大切です。

 

  返済をスピーディーに終わらせないと、
  利息や遅延障害金が生じてしまう事があります。

 

  返済方法としては、いろいろありますが、
  インターネットから返済した方が良いです。

 

  金融機関側も入金情報をいち早く把握できる為、
  返済をスピーディーに完了させられます。

 

【こぼれ話】 低所得でもおまとめローンで借り換えできる?

 

低所得の人は、おまとめローンでの借り換えは難しいです。

 

消費者金融では、総量規制にひっかかりる可能性が
大きいので、ほぼ無理です。

 

銀行のおまとめローンなら、
もしかしたら借り換えできるかもしれません。

 

しかし、審査が厳しくなることは
覚悟しておいた方が良いです。

最短即日振込で借りられる当サイトおすすめの人気カードローン

最短即日振込で借りられるカードローンです。
平日14時までにWEB契約完了すれば、その日のうちに借りられます。
スピード審査が得意で、最短即日融資を受けたい人によく利用されています

プロミスレディースキャッシング(SMBCコンシューマーファイナンス)

女性オペレーターが対応。50万円以下なら収入証明書不要!!

ポイント1 安定した収入があればパートやアルバイトでもOK
ポイント2 WEB完結でカードなしも可能なので、郵送物一切なし! ばれずに借りれます。
ポイント3 来店不要!スマホで即日融資も可能!

プロミスレディースキャッシング

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

プロミス

審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

ポイント1 瞬フリで24時間最短10秒のお振込が可能
※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座限定
ポイント2 お急ぎの方にはフル入力がおすすめ
※「カンタン入力」の場合は項目の半分を電話で回答できます。
ポイント3 来店不要で即日融資が可能!

SMBCモビットのカードローン(SMBCモビット)

2018年も受賞!2年連続オリコン日本顧客満足度ランキング1位

ポイント1 WEB完結申込ならお勤め先確認への電話連絡、郵送物なし!
※ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のいづれかの口座をお持ちの方
ポイント2 即日融資も可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合有り
ポイント3 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能

モビット

アコムのカードローン(アコム)

アコム

アコムなら、最短30分で審査回答!

ポイント1 申し込み当日の融資も可能!
ポイント2 初めてでも、来店不要で即日振込も可能
※楽天銀行の口座があれば、24時間、最短1分で振込!
ポイント3 自動契約機なら22:00まで※年中無休(年末年始は除く)

レイクALSA(新生フィナンシャル)

借入と返済の提携ATM手数料が¥0

ポイント1 最短即日振込み!
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。
ポイント2 来店不要
※インターネットで申込みから契約、必要書類の提出可能
ポイント3 アルバイト、パート社員などの一定収入のある方なら申込可能

新生フィナンシャル


※弊社調べによりランキング掲載しています。

深夜に急にお金が必要になったことありませんか?

急にお金が必要になりました。
即日振込みで有名な○○○は、申込みをした当日にお金を振込んでくれました。

知っている人だけ得する詳細はこちら

カードローンの借り換え 〜おまとめローン(借り換えローン)について関連ページ

急な出費で借入
「急な出費で困ってます」というお金の悩みはよく聞きますが、すぐに借入できますか?急な出費でもすぐに借入できる方法があります。急な高額な支払いでも振込みで借りれる?貯蓄なしで急にお金が必要な時は?主婦で金欠を乗り越えた人は金欠の時はどうする?教育ローン審査に落ちたどうする?急な支払いで審査早い所は?急な借り入れで困った時は?急にお金に困った時は?急なローンで借りたい時は?急ぎの借り入れできる?急にお金が必要な時は?急な出費にお金必要な時はカードローンが良い?急な出費でお金借りる時はどこ?急なお金を借りれる所は?急なお金の借り方は?急な出費に困っ たら?急な出費で困ったらキャッシング?急な出費とはどんな時?急ぎでお金を借りる時は?
給料日前の金欠対策
給料日前に金欠になったことある?金欠を解消するには、おさえておくべきポイントがあります。そのポイントをご存知ですか?金欠の時の食材の買い方は?無駄な出費が重なる時の対策とは?給料安い時金欠を防ぐ方法とは?即日融資で金欠時に対処。出費が重なる時は?どうして給料日前に金欠になる?金欠誰に借りるのがいいか?有効な金欠対策は?給料日前なぜか金欠で即日キャッシングできる?給料日まで金欠でお金がない時は?給料前のお金が無い時キャッシングできる?金欠時はカードローンで借りれない?給料日前の金欠レシピは?金欠の乗り越え方は?金欠の時どうする?
カードローンを自動車ローンとして利用
銀行系や自動車メーカー系の自動車ローンではなく、カードローンで自動車の購入者が増えています。自動車ローンに落ちらどうしたら良い?自動車ローンを軽くする方法は?ディーラー系ファイナンスローンの特徴とは?ディラー系ローンは通りやすい?車屋の提携ローン会社から借りる場合は?車ローンの良い方法は?銀行で車のローン借りれますか?パートの車ローンどこが通りやすい?車購入資金誰にも借りられない時は?銀行マイカーローンは給与明細で追加で借りれる?パートでも借りれるカーローンある?銀行クルマローンを借りない時は?自動車ローン即日借りれる?自動車メーカー系マイカーローンのメリットは?マイカーローン借りたい時は?マイカーローン審査が借金あると?車のローン審査基準は?
深夜の振込キャッシングですぐに借りる
大手消費者金融なら、深夜でも振込キャッシングですぐにお金を借りることができます。深夜に振込キャシングですぐに借りるにはいくつか条件があります。その条件を満たしていないと深夜帯にお金を借りることはできません。カードローンの口座はどこでも良い?夜中でもお金を借りられる?深夜お金を借りるには?夜中でも借りれるカードローンは?夜22時以降にお金を借りるには?夜中のカードローンを利用する時は?夜中にお金を借りる時は銀行口座必要?深夜に借りれる?お金借りるのに即日深夜でもOK?お金借りる時即日深夜でも借りれる?
主婦でもお金借りられる?
カードローンで主婦でもお金が借りられるようになりました。主婦が借りられる金額は、10万〜30万円ぐらいです。主婦がカードローンを申込む時に、一番重視される点は返済能力です。3つの点が重点的に審査されます。バイト始めて一日でも借りれるキャッシュカードは?主婦でも教育ローンの代わりにカードローンで借りれる?急な出費に主婦でも可能なカードローンは?高額な借り入れパートでも大丈夫?主婦で急に10万借りられる?パート主婦でも借りれるカードローンは?パートの主婦でもすぐ借りられる?他社借り入れがあるパートでも借りれる?お金を借りたい主婦は?主婦がお金借りる時は?パート主婦でも借りれる即日融資は?
借りやすい教育ローン
借りやすい教育ローンはどこ?奨学金は、無利息や低金利でなので最初に検討すべきですが、入学前の学費は、奨学金で支払えません。そんな時、教育ローンが役立ちます。労働組合系銀行の教育ローン審査はどう?低所得者でも借りれる銀行で借りると?奨学金はまとまった金額借りやすい?学費ローンはどこが借りやすい?ろうきん教育ローンで借りた人いる?JA教育ローン本審査厳しいの?学費支払い前の教育ローンは?消費者金融を借りていると銀行の教育ローンは借りれない?大学入学までに借りれるローンとは?子供の学費を低金利で借りたい主婦は?低収入でも借りれるカードローンは?入学前から借りられる教育ローンは?今すぐ借りられる教育ローンある?合格前に借りられる?教育費借りやすい所は?
カードローンで引越し費用をキャッシング
急な引越しの時、もし貯金がなければ、どこかでキャシングするしかありません。すぐにキャッシングして引越ししたいのなら、カードローンが一番良いです。引越し費用をキャッシングできる?引越し費用をローンで借りれる?引っ越しで短期融資してくれる所は?引っ越し費用借りるには?引越し費用借入する時は?引っ越し費用借金できる所は?引っ越しでカードローン使える?ひっこし費用を借りるのに金利が安いのは?引っ越し資金借入できる?消費者金融で引越しのお金を借りる事できる?引越し資金を借りるには?引越し費用のローンを借りる事は可能?引越しローンってある?引越し融資ある?引越しでお金を借りたい時は?引越し資金足りない時は?
カードローンと医療ローンどちらが良い?
カードローンと医療ローンはどちらが良い?医療機関から医療ローンを勧められる事がありますが、カードローンの方が金利が安い場合も。美容整形ローンの利率はカードローンより低い?医療ローン金利は安い?クレジット医療ローンとは?医療ローンのオリコやjaccsの金利はカードローンよりお得?医療ローンの利子は高い?オリコの医療ローンの金利は高い?クレジット医療ローンの審査は厳しい?カードローンとクレジットカードのどっちが得する?オリコのメディカルローンは即日審査で借りれる?メディカルローンとは?治療費を借りるなら知っておきたいカードローン講座。美容整形ローンの審査は?カードローンで事故の治療費借りれる?治療費を借りれる所は?医療費をカードローンで支払うことについて。